〒810-0005 福岡県福岡市中央区清川3丁目17-11
  • 特大
  • 大
  • 標準

病院紹介

外観

院長挨拶

当院は先代の院長(堤 敬吾)が、昭和37年福岡市中央区の現地に外科医院として開院。

昭和55年からは外科系病院として救急医療にも携わって参りました。しかし時代の変遷も有り、平成4年からは60床に縮小し療養型病院として西日本で最初に登録、現在に至っています。中央区という場所柄近くの総合病院からの御紹介による入院が多く、特に平成27年療養Ⅰの規格を取得後は、重傷の患者様を受け入れる事が多くなり、看護職員も増員し日々奮闘中です。

外来は外科、内科、糖尿病内科、整形外科を中心に診療を行っており、特に糖尿病内科は平成27年より専門外来も始めました。

また訪問診療も行う事で、外来・入院・在宅の切れ目無い地域医療を志しているところです。平成28年7月からは青洲会グループの一員となり、今後益々診療内容の充実を図る事が可能となると考えます。皆様の御期待に応えられるよう従業員一同これからもより良い医療人、そして患者様のより良いパートナーとなる事を目指し、更なる努力を重ねて行きたいと考えております。

院長 堤 宜敬
院長 堤 宜敬
昭和51年
久留米大学医学部 卒業
昭和55年
久留米大学医学部 大学院 卒業
昭和55年
聖マリア病院心臓血管外科
昭和56年
佐世保共済病院外科
昭和58年
久留米大学病院第二外科
昭和59年
甘木朝倉医師会病院外科
昭和61年
堤病院
平成17年
堤病院 継承

スタッフ紹介

常勤医師 2名

院長  堤 宜敬
副院長 松本 千紗(糖尿病専門医)

非常勤医師 3名

その他医療スタッフ

看護師 22名(正看7名、准看15名) 看護助手 11名
理学療法士 2名 リハビリ助手 2名
放射線技師 1名
薬剤師 2名(非常勤)
管理栄養士 1名
歯科衛生士(口腔ケア専属) 1名

入院設備

療養病棟入院基本料1(60床)
平成26年10月1日より『在宅復帰機能強化加算(60床)』の施設基準が承認

急性期病院(7対1)、地域包括ケア病棟からの転院受入れが可能で、当院への転院は「在宅」扱いとなります。

看護・介護の理念

患者様の個別性を大切にご家族とのコミュニケーションを基に笑顔で安心できる看護・介護が提供できることを目指しています。
看護師長:鹿島 由紀子
スタッフ

施設紹介

待合室
【待合室】
リハビリテーション室
【リハビリテーション室】
リハビリテーション室
【リハビリテーション室】
トイレ(バリアフリー)
【トイレ(バリアフリー)】